2022.05.12

ストレートネックの話

こんにちは
今回はストレートネックです。

ストレートネックと病院で言われる方、本来診断権の無い整体で言われる方
多くいらっしゃると思います。

ストレートネックは首の骨が真っすぐになっている状態を言いますが
レントゲンを撮影する際に、「顎を引いてください」
と言われると思います。
という事は、撮影時に普段の姿勢ではなく、顎を引いた姿勢で撮影します。

それは、本当にストレートネックの診断に使えるレントゲンでしょうか?
本物のストレートネックに偽物のストレートネックが混じってしまい、わからなくなってしまいますね。

しかし、ストレートネックかどうかは、個人的にどちらでもいいと思っています。
骨盤の歪みレベルでどちらでもいい話です。
それがあるから、こちらが何かを意識するレベルではないという意味ですが。

さて、そのストレートネック解消法として、一番取り上げられるのが
首の後ろに丸めたタオルを置く
という事です。
なんとも唯物的な考えの鑑のような一例です。

そこがこうなっているからこうしようシリーズは世間に山ほどあります。
そして、それに目が行ってしまう気持ちも重々わかります。

しかし、「身体は全てやってくれている」この原則から考えれば、それはただの結果なのです。
結論は
首は肋骨の上に乗っているという事です。

肋骨、胸椎(胸の背骨)、その中の内臓である肺や心臓、食道が喉を通る胃
特に前述の胃に加えて、心臓には心膜靭帯という靭帯があります。
細かくは省きますが、その靭帯は頸椎(首の背骨)の3番まで伸びています。
わかりやすく表現するなら、頸椎3番から心臓はぶら下がっている
という事です。

これらが、ウィルスや放射性物質、農薬類や家庭内毒物で負担がかかれば、胸周りのアライメントや動きに影響が出ます。
特に呼吸の筋肉は、胸から腰の背骨にかけての反り始めの部分に付着します。
昨今のマスク生活でここがガッチガチになり、さらにワクチンの影響で心臓ガッチガチの方が多くいらっしゃいます。
しかし、それも身体はちゃんと処理する機能が備わっていますのでご安心ください。

本題に戻りますが、色々影響してストレートネックになっているので、首だけやっても特に価値はございません。
また、臓器や筋肉を無視して背骨単体で考えても、背骨は頭蓋骨から尾骨まですべて連動しています。
そこで、首に連動しやすいのが、先ほど出てきた胸から腰に掛けての「胸腰椎移行部」という部分です。

そこが柔軟に、かつ安定していることがストレートネックのヒントにはなります。
しかし、身体は全て繋がっていますので、それもまた、そこだけではありません。
なので、スマホを見ている姿勢がどうこうだけではないですよね。
姿勢全体についてもこのような考えができますので、それはまた別の機会に書きます。

ありがとうございました。