2022.11.05

セルフエクササイズ 深呼吸編②

セルフエクササイズ 深呼吸編②

こんにちは
今回は、前回の続きの深呼吸についてです。

深呼吸をする事で、臓器の血流が良くなり、そこから影響を受けてしまっている骨格や筋肉にもいい影響が行くというのも理解していただけたでしょうか?

その深呼吸の具体的な話ですが、よくある腹式呼吸か胸式呼吸かという話があります。
ここに関しては、どちらでも大丈夫です。
しかし、腹部の臓器の事を考えれば腹式呼吸、肋骨を考えれば胸式呼吸です。
どちらもできるように練習すると良いと思います。

まずは普通に腹式と胸式をするのも大いに意味があります。
全身的なリラックスを求めるのであれば、仰向けに寝てリラックスした状態でやるのが、まずは一番いいです。

私が一番おすすめしているのが、肺や臓器に制限をかけての深呼吸です。

例えば、身体を右方向に側屈すれば、右側が潰れます。
特に右の肺、右の肋骨、周囲の筋肉はつぶれる方向になります。
逆に言えば、左側の肺、肋骨、周囲の筋は広がります。
そうすると、ただ深呼吸するよりも肺は全体を使え、肋骨も普段と違う動きができ、筋肉も活動が変わります。

もちろん、腹部の方の臓器の血流も変わりますし、圧のかかり方も変わります。
そうすると、普段使えていない、血流が満足に行き届いていない組織の活動と血流が変わります。

今の例は左右の側屈ですが、前後も同じことです。
身体を反った状態での深呼吸はよくされる方もいらっしゃると思います。
しかし、姿勢がいいイメージ、悪いイメージがあり、背中側を伸ばして背中側の肺を使って呼吸をするというのは、あまりされる方はいらっしゃらないと思います。

具体的に
左右どちらかに側屈したまま深呼吸
胸を反らせて深呼吸
身体を丸めて肩甲骨を外側に広げて(手を前に伸ばせば肩甲骨を広げられる)深呼吸
計4方向に身体を曲げて深呼吸という事です。

そこに捻じれを加えても良いと思います。

肺は、呼吸効率の良いところほど血流が良くなります。
逆に、呼吸効率の落ちている部分はそのまま血流量も低くなってしまうループが起こってしまいます。

なので、いつもと違う環境で肺を動かすことは、肺自体にもいい影響があるという事です。
そして、今まで書いてきたように、他臓器と関連する筋骨格への好影響もあるという事です。

マスク社会になってしまった今、ただでさえ重要な深呼吸がもっと重要になっているように思います。

ありがとうございました。

新着記事

詳細
最強の治療法は何か?
2022.11.29
最強の治療法は何か?
詳細
電磁波の現実②対策編
2022.11.12
電磁波の現実②対策編
詳細
電磁波の現実①電磁波と帯電編
2022.11.12
電磁波の現実①電磁波と帯電編
詳細
セルフエクササイズ ストレッチ編
2022.11.05
セルフエクササイズ ストレッチ編
詳細
セルフエクササイズ ストレッチポール編
2022.11.05
セルフエクササイズ ストレッチポール編

人気記事

詳細
最強の治療法は何か?
2022.11.29
最強の治療法は何か?
詳細
電磁波の現実②対策編
2022.11.12
電磁波の現実②対策編
詳細
電磁波の現実①電磁波と帯電編
2022.11.12
電磁波の現実①電磁波と帯電編
詳細
筋肉と内臓の関係 富士吉田市 整体 自然体
2019.03.04
筋肉と内臓の関係 富士吉田市 整体 自然体
詳細
セルフエクササイズ ストレッチポール編
2022.11.05
セルフエクササイズ ストレッチポール編

キーワード