2022.05.13

姿勢は安易に正してはいけない②

姿勢は安易に正してはいけない②

こんにちは
前回の続きです。

前回は原則と、背骨の変形の話でした。

次は脚の話から書いていきます。

脚の話で行けば、膝の内反は良くあります。
ガニ股のように膝が外に広がる状態です。
膝は安定させるために変形します。
背骨と同じように、骨棘を出して面積を大きくしようとします。
なぜ内反するのか?
あくまで個人的な考察ですが

インナーマッスルの不全によって、体幹がぐらぐら

体幹が安定しないと、身体を捻って綺麗に歩くのではなく、身体を横に揺らして歩く

横に揺らすので、外側に力がかかるベクトルが生まれる

特に膝はバランスを取る関節なので、膝に負担

膝関節の外に伸ばされる力が加わり続ける

という形です。

さて、この状態で変形性膝関節症と診断され、膝に痛みがある方は何を変える必要があるでしょうか?
膝の筋肉をほぐしますか?
膝の筋力を鍛えますか?
膝の関節を弄りますか?

まずはインナーマッスルの不全ですよね。

さて、ここまでの姿勢の話で、重要になっているのは、インナーマッスルの不全ですが
それはなぜ起こるのか、考察していきます。

まず、インナーマッスルは自律神経との関係が深いです。
そもそも、インナーマッスルは無意識に姿勢制御・重心制御をする筋肉です。
その無意識は自律神経が行なってくれます。

また、インナーマッスルの中でも腰を支えている、腸腰筋という筋肉は、腎臓を支え、腸の真裏に位置します。
なので、臓器(自律神経支配)が健全に動いてなければ腸腰筋は正常に働いてくれません。

これは、経験則なのですが、腸腰筋は臓器へのアプローチだけでなく、脳へのアプローチでも劇的に変化します。
脳→自律神経なのか、脳→腸なのか
細かい事はわかりませんが
とにかく、インナーマッスルの不全は脳や臓器が大きく関係するという事です。
また、そのような状況では、インナーマッスルを鍛えようとしてもできませんし、支える力が発揮されていないので、ぎっくり腰にもなります。

まとめます。
・姿勢を良くすればいいわけではない
・背骨は連動するし、安定したければ丸まる
・インナーマッスルを制御しているのは脳や臓器
・インナーマッスル大切だけど、インナーマッスルを鍛えるのは機能不全が起こっていれば現実的に難しい

最後に
このように姿勢が悪くなることに何か理由があり、姿勢が悪いというのはただの結果だとしたら
姿勢を無理に正すことは身体の機能を阻害し、余計な負担をかけるだけという事です。

身体は全て身体のためにしてくれています。
あまり自分の事をいじめないであげてください。

ありがとうございました。

新着記事

詳細
風邪こそ最良の整体法⑥ 新型コロナ編
2022.08.09
風邪こそ最良の整体法⑥ 新型コロナ編
詳細
風邪こそ最良の整体法⑤ 間違えた対処編
2022.08.09
風邪こそ最良の整体法⑤ 間違えた対処編
詳細
風邪こそ最良の整体法④ 免疫編
2022.08.09
風邪こそ最良の整体法④ 免疫編
詳細
風邪こそ最良の整体法③ 実践編
2022.08.09
風邪こそ最良の整体法③ 実践編
詳細
風邪こそ最良の整体法② 風邪の理由編
2022.08.09
風邪こそ最良の整体法② 風邪の理由編

人気記事

詳細
風邪こそ最良の整体法⑥ 新型コロナ編
2022.08.09
風邪こそ最良の整体法⑥ 新型コロナ編
詳細
潜在意識はイメージの世界②
2022.07.25
潜在意識はイメージの世界②
詳細
風邪こそ最良の整体法⑤ 間違えた対処編
2022.08.09
風邪こそ最良の整体法⑤ 間違えた対処編
詳細
潜在意識はイメージの世界①
2022.07.25
潜在意識はイメージの世界①
詳細
風邪こそ最良の整体法② 風邪の理由編
2022.08.09
風邪こそ最良の整体法② 風邪の理由編

キーワード