2022.12.10

嫌な奴が現れる理由

嫌な奴が現れる理由

こんにちは
今回は、なぜ嫌いな奴、嫌な奴、ムカつく奴
こういう人が目の前に現れるのか?
について書いていきます。

導入

まず、今回の話は
自分の周りの環境は、自分の潜在意識が望んで作っている
なんていう非現実的な、引き寄せの法則のようなオカルトとも思われるような話にも繋がります。

そのような話が苦手な方は、ご注意ください
と、打っている最中に気づきましたが、そのような方はそもそも私の事が嫌いですね。

本題に戻ります。

色眼鏡

自分以外の人間に対して、ネガティブな感情を懐くことは世の常だと思います。
しかし、それはその人が悪い、その人のせいでという話ではないという事を書いていきます。

まず、結論は
あなたがその人を色眼鏡で見ているから、勝手にネガティブな感情を懐いている
という事です。

その理由を、3つに分類をしています。
・自己否定
・ねばならない
・トラウマ

・自己否定

例えば、嘘をついてしまう自分を許せないとしましょう。
これは、嘘をついてしまう自分に対して否定をしているという事ですね。
さて、そんな時によく嘘をつく人が目の前に現れます。
自己否定をしている心は何を思うでしょうか?

そんな噓つきは許せないのです。
なぜなら、嘘つきな自分を許せていない人は、嘘をつく人を許せなくなります。

・ねばならない

これも自己否定と似ています。
また嘘を例に挙げていきましょう。

嘘をついてはいけない、嘘をつくことは悪い事
と、親に教育されてきた人は
「嘘をつかないようにしなければいけない」
という潜在意識があります。
これは、自己否定と違う点は
抑制しているというところです。

このように、自分の行動や言動を抑制していると、目の前に嘘をつく人がいたら
違和感、不快感、嫉妬
なんかが沸いてきてストレスになります。

・トラウマ

こちらもイメージしやすいかと思います。
過去に、嘘をつかれたことで損害を与えてしまった
あるいは、与えられてしまった
という事です。

その損害部分は無限に考えられると思いますが、例えば事故や大けがにしてみます。
嘘をつかれたことで、大けがを負ってしまい苦しい思いをしたとします。
そうしたら、「嘘」が引き金になって、潜在意識では大けがを負ったときの記憶が出てきてる状態になります。

それは、顕在意識に出てくる場合もあれば、出てこない場合もあるでしょう。
しかし、潜在意識はイメージの世界なので
嘘=苦しい記憶
のイメージが出来上がっています。

そうすると、全然関係ないような嘘をつく人に嫌悪感を覚えるわけです。

もっと細かい話もありますが、このあたりが理解していただきやすい話かなと思います。

まとめ

結論としては
嫌なあいつのせいで自分がストレスを感じているわけではない
という事です。

結局は、序盤に書いた
自分が色眼鏡をかけてその人を見るから
という事になります。

このあたりが腑に落ちてくると、本当の意味でストレス解消が現実になります。

その色眼鏡は、自分がかけたくてかけます。
父という役柄を演じる眼鏡は、責任を多く負わされるかもしれません。
母という役柄を演じる眼鏡は、心配させられたり、小言を言わされるかもしれません。
子どもという役柄を演じる眼鏡は、苦労させられたり、抑圧させられたりするかもしれません。

ありがとうございました。

新着記事

詳細
この世に善悪はあるのか 自己否定について
2023.05.20
この世に善悪はあるのか 自己否定について
詳細
【超重要】大切だからもう一回 いらない思考
2023.04.17
【超重要】大切だからもう一回 いらない思考
詳細
【重要】価格改定のお知らせ
2023.04.09
【重要】価格改定のお知らせ
詳細
100億円あったら何をしようか
2023.03.28
100億円あったら何をしようか

人気記事

詳細
【重要】価格改定のお知らせ
2023.04.09
【重要】価格改定のお知らせ
詳細
【超重要】大切だからもう一回 いらない思考
2023.04.17
【超重要】大切だからもう一回 いらない思考
詳細
100億円あったら何をしようか
2023.03.28
100億円あったら何をしようか
詳細
この世に善悪はあるのか 自己否定について
2023.05.20
この世に善悪はあるのか 自己否定について

フリーワード

キーワード