背骨の間が狭まっているから… 富士吉田市 整体 自然体

いつもブログをご覧いただき本当にありがとうございます。
山梨県富士吉田市の肩こり腰痛専門整体院 自然体の小野悠成です。

本日は、背骨の間の狭まりについてお伝えしていきます。

腰痛が長く続き、病院でレントゲンを撮ってもらうと
「背骨と背骨の間が狭まっているからですね」と言われて腰を引っ張る牽引に通ったという方は多くいらっしゃると思います。
私が以前勤めていた病院でもそのような方がたくさんいらっしゃいました。

しかし、その場にいるリハビリのスタッフも処方箋を書く医師も
牽引は意味がないという事くらい皆わかっていました…

1.背骨の間が狭まっているから腰痛?

背骨の間が狭まっているから、ヘルニアが出ているから、脊柱管が狭まっているから…
腰痛の全くないような人でもそのようなレントゲンの所見はいくらでも出てきます。

結論から述べれば、背骨の間が狭くなっているから腰痛というのは間違いです。
だからみんな牽引の意味の無さを知っているのです。
近頃は医学論文でも牽引の否定的な論文は出てきています。
論文はいくらでも嘘が書けるので100%正しいかははっきりと言えませんが、「あれ?牽引って間違ってない?」という意見の研究者が出てきているのは確かです。

背骨の間が狭くなるのは結果です。
大切なのは、なぜ背骨の間が狭くなったのかというところです。
その原因に目を向けなければいくら背骨を引っ張っても何の解決にもなりません。
牽引で良くなったという方は基本的に牽引しなくても良くなる方です。

2.真の牽引

首や腰回り、股関節を引っ張る刺激を入れて動きの邪魔になっている要因を取り除く事は手技としても私もよく使います。
本来、身体の組織を牽引することで解放しようというときは、ミリ単位の角度調整とグラム単位の力加減が必要になります。一番いい角度で一番いい方向に、一番いい力加減で正しく行わなければいけません。

しかし、病院に置かれている牽引器具は
腰であれば寝かされ、脇をロックして、膝を立てて枕を入れ、ただ引っ張られる
力の強さも弱いと感じたら自分の好きなように強くしてもらえます。
首も置いてある小さい椅子に座らされ、角度も関係なくただ引っ張られる
腰と同じように力の強さも自由に変えてもらえます。

さて、このような方法で行なったときに、いい角度、いい力加減は誰も調べてくれていないし自分でもわかりません。
しかも力加減は強ければ強い程身体は無意識に抵抗しようとしますので、周りの組織はどんどん硬くなっていってしまいます…

最後にもう一度
真の牽引とは、一番いい角度で一番いい方向に、一番いい力加減で正しく行わなければいけません。

3.なぜ背骨の間が狭くなるのか

もちろんレントゲンで見えている
背骨の間の狭まり、ヘルニア、脊柱管の狭まりには意味もありますし、その原因もあります。

大切なのはなぜそうなってしまったのかだと思います。

本来、関節というのは人が乗っているクッションのようにいつでも重さがかかっているものではなく、周りの筋肉や靭帯の張力で浮いていて、実際よりも少しの重さがかかっている状態になっています。
それが個々の理由により破綻したおかげに関節に負担がかかります。
それを考えると、牽引や手術で結果のみをどうにかしようとしてもまた同じことの繰り返しとなりますし、結果しか見ていないので、その結果と症状が関係しているのかさえわかっていません。

大切なことはなぜ身体のバランス機構が崩れてしまっているかを見つけ出すことだと思います。
それはその人それぞれに原因の違いがありますので、これをやれば治る!などという浅はかな物にむやみに手を出すと、良くなる可能性とともに悪くなる可能性もはらんでいるという事を忘れてはいけません。

まとめ

いかがだったでしょうか?

背骨の間の狭まっている事と痛みとは別の話
牽引を疑問視する声も出てきている
牽引は実は難しい事
レントゲンでみられる所見の真の意味を探らなければならない

という話でした。

HPから、簡単に電話・メールでの予約が出来ます

HPはコチラから

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

肩こり・腰痛専門整体院 自然体
住所:富士吉田市 下吉田5-2-36
TEL:070-4379-2137
Mail:naturalxbody@gmail.com
HP:http://富士吉田市-自然体.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA