2022.11.12

電磁波の現実②対策編

電磁波の現実②対策編

こんにちは
今回は、電磁波について前回の続きを書いていきます。

ハイブリットカー・オール電化・電子レンジ・IH・電気式の床暖房・冷蔵庫・こたつ・携帯電話・WiFiや電波・パソコン・生活配線・電気毛布など
もう逃れられない生活になっています。

では、どのように対策していくのか?を書いていきます。

まずは最低限避けていくという話からです。
例えば
寝るときには携帯電話を枕元に置かない
携帯電話を電波遮断ケースに入れる
充電しながら携帯電話を使わない
電子レンジ使用中はできるだけ近づかない
衣服は自然素材に偏らせる(綿やウール)
こたつで寝ない
電気毛布など、電気で温める寝具を使用しない
できる限り、大きな家電はアースを使う

辺りが、まずは簡単にできるところかと思います。

現実的には難しいが、タイミングやこだわり次第でできる事では
車はガソリン車にする
オール電化にしない
家はできる限り自然素材を使う(無垢床や畳、塗り壁など)
あたりかと思います。
この辺は、高額な金銭も関わりますので、無理に考える必要はないと思います。

自然体の建物は、何も知らなかったときに作った(改装した)建物なので、床がビニールの床材で、静電気バリバリに発生しやすい環境です。
新しい建物にするときは、無垢床に塗り壁を現在妄想中です。

次は、身体の電気を定期的に放電しようという話です。
放電グッズを身に着ける(安い物でも十分)
加湿器を使う
観葉植物を触る
土を触る
金属を触る
などです。

一番理想的なのは、アーシングといって
地面に電気を流しましょうというものです。
上にも羅列してあるものに加えて、裸足で土の上に乗るなんて話が理想的です。
それの代わりになるものが上の羅列で、アーシンググッズもそんなに高価でなく手に入りやすいので、それを使うのも良いと思います。

今日からできる事も、もうできない事も、できるから難しい事もあったと思います。
まずは、簡単にできる事から実践してみてください。

と言っても
本当に電磁波が身体に影響するの?
と思う方がほとんどだと思います。
来られた時に「実感したい」と言ってください。
実感させます。

ありがとうございました。

新着記事

詳細
自然体の施術の目的
2023.10.24
自然体の施術の目的
詳細
東京での施術について
2023.09.28
東京での施術について
詳細
脳疲労について
2023.08.10
脳疲労について
詳細
人間は忘れるようにできている
2023.07.31
人間は忘れるようにできている

人気記事

詳細
東京での施術について
2023.09.28
東京での施術について
詳細
自然体の施術の目的
2023.10.24
自然体の施術の目的
詳細
脳疲労について
2023.08.10
脳疲労について
詳細
生理痛の原因はこれ
2022.09.24
生理痛の原因はこれ

フリーワード

キーワード