基本情報

※画像はイメージです

名前:小野悠成
生年月日:1991年4月10日

生まれも育ちも富士吉田市、1週間たりともこの地を出たことがありません。

大学は上野原へ実家から通っていました。就職は都留市の病院で働いていました。

私も元々身体が悪く、肩こりや全身のアトピー、花粉症に悩み、薬やマッサージなどその場しのぎの対処法を続けていました。しかし、身体について学んでいくにつれてそれは正しい方法でない事に気づきました。

今では肩こりもアトピーも花粉症もありません。

資格など

国家資格
理学療法士免許

その他資格や経験
福祉住環境コーディネーター2級
BESJ認定ピラティストレーナー
IAIR S-Class Therapist認定
プライマリーセラピスト協会 全コース修了
SOMA 感触診全コース修了
SOMA 全身調整法ベーシック・アドバンスコース修了
日本疼痛リハビリテーション協会 ベーシックコース修了
クラシカルオステオパシー協会 foundationコース修了
アレルセラピー協会 会員
その他シークレットセミナー
(栄養学・精神心理領域・オステオパシー・エネルギー・キネシオロジーテストなど)

現在進行形のもの
アレルセラピー協会 月例オステオパシースクール
日本アレルギーリハビリテーション協会 自律神経セラピストコース
モルフォダイナミクスセミナー
マトリックス・フリークエンシーセミナー

整体を志したきっかけ

私は大学の理学療法学科にて、基礎医学を学びました。

その当時、暇な時に整形外科学という本を読んでいました。1000 ページを超える辞書のような本です。

ふと「なぜ膝は痛くなるのか?」という疑問が浮かんできて膝の項目を読み進めました。

しかしそこには何も書いてありませんでした。

書いてあったのはレントゲン所見、術式、物理療法、リハビリ方法(筋トレ程度)くらいの事です。

これらは私の求めていた答えではありませんでした。
なので、私にとってそこには何も書いていなかったのです。

その後も在学中や病院勤務中“関節が変形しているから”“軟骨がすり減るから”“筋肉が減っているから”という理由を山のように聞きました。
しかし、それはすべて結果でした。
膝が痛くなる原因はそのようなところにはありませんでした。

そうすると膝関節に膝の痛みの原因がないのに膝の手術をなぜするのか…そのような事を考え始めてから性格はどんどん曲がってきました(笑)

そうして「真の医学は現代医学の中には無い」と考えて
大学在学中に、整体が何かとも知らず、何の根拠も無く整体を志しました。

整体師やリハビリ職、柔道整復師、その他セラピスト向けの講義を多数行なってきました。
化学物質や遺伝的要因、薬剤など
時代とともに変化する人の身体の不調に対して、常時最新の情報を取り入れ続けています。