当院は通常の矯正に留まらず、身体すべてを対象としたアプローチを行ないます。
身体は物理的な側面、精神心理的側面、エネルギー的側面があります。
筋肉、関節だけでなく、内臓・自律神経・脳・血管・神経・栄養
ここはベースとして、もちろんアプローチしていきます。
それに加えて、上記の物理的側面以外にもアプローチしていきます。

はじめは、所々「なにをしているのだろう?」と思われることもあるかもしれません。
それは従来のニュートン物理学から診た「身体を整える」という考え方では理解し難いと思います。
そんなちょっと変わった整体院です。

施術の説明や理念

私が一番に勉強しているのはオステオパシーという徒手医学です。

全く聞いたことのない方はカイロプラクティックの親戚とでも思っていただければいいと思います。(あくまでイメージとして)

簡単に言えば全身のどこかにある硬いところが身体の健康、循環を邪魔しているという哲学の元、解剖学・生理学・運動学・病理学など本来あるはずの医学をベースとして手のみを使って施術する医学です。

海外ではオステオパシーの医師免許が必要ですが、日本では法律が無いのでモグリでも自由にできます。
オステオパシー以外にも
身体は骨と筋肉と靭帯、内臓や脳だけでは動いていないという信条から
心理的アプローチや栄養学、その他世界の医学を研鑽中です。

病気や不調は空から降ってくるわけではなく、 それ相応の過程があります。
それは親のお腹の時にあったことかもしれませんし、生まれながらの強さかもしれません。
また、もちろん普段の生活習慣、特に食習慣によって引き起こされるものがほとんどです。
良かれと思っていた食事や、甘えていた食事、そもそもよく噛まずに満腹まで食べる食事。
様々な習慣が引き金となり臓器を痛めつけます。そこにストレスや姿勢が相まって不調が生まれてきます。

また、習慣では、思考習慣も重要な要素になります。
考え方がストレスを生み、そのストレスが栄養の代謝不全を生み、その栄養の問題が身体の不調・病気を生むと考えています。

私の仕事は臓器や骨格、筋肉の循環を取り戻してあげる事から、その生活習慣・思考習慣のお話までです。
そこからは皆さん1人1人が意識して改善していかなければなりません。
ただ気持ちよくなるためではなく、本気で生活習慣や身体を変えたいと思っている方の力になれるかもしれません。
逆に言えば
ただ表面的に症状さえよくなれば良い
とお考えの方は他にもっとその方に合うところがあると思いますので、ご遠慮いただきたいと思っております。

筋肉・関節への考え方

一般的なイメージでは筋肉が痛ければそこの筋肉が悪い、関節が痛ければそこの関節が悪いと思われると思います。

残念ながら多くの整体や整形外科、整骨院(=接骨院)でもそう思われているところが多く存在します。

筋肉・関節が痛いからと言ってぶつけていないのに、連日の超過酷な労働やスポーツをしていないのに、筋肉・関節が原因という事はほぼありません。
では、その痛みや不調はどこから来ているのか?

結論は「何か」に邪魔をされているから邪魔された組織、頑張って庇ってくれた組織が痛みを訴えます。

そしてその邪魔をする組織の中に症状とは別の筋肉や関節をはじめ、骨や神経、内臓、血管、脳の疲労などがあります。
なので、私は痛いところは一番最後に触るか、そもそも触りません。
また、筋肉が痛くても内臓を触ることが一番多くあります。
それは内臓から筋肉・筋膜を邪魔していたり、関節を邪魔していたりすることが一番多くあるからです。

このような理由から私は臓器を最優先に考えます。
そして、その臓器の問題は日常の生活から生まれます。
また、臓器が使いにくくなる理由は脳疲労や思考習慣であると考えます。
この、ストレスや思考習慣と内臓や脳の施術が中心となります。

日常の生活を見直して改善することが一番の目的であり、本来施術はその補助的な立ち位置だと思っています。

なので、私は矯正もほぐしも必要ならばしますが、それが中心ではないという事です。

一番の思い

以前は、症状さえ取れれば良い
そう思って仕事をしていました。
しかし

今までの人生が今の状況を作っていると考えたときに

症状や病気が変化したところで、その人の今までの生き方は変わらない

と考えました。

なら、逆に
生活習慣、食習慣、思考習慣が変われば

今の症状や病気だけでなく、今後の人生全てにおいて好転する

と考えました。

だからこそ
睡眠や栄養に始まり、対人関係やその他の悩み、過去のトラウマや思い込み、手術歴や大きな怪我・病気、未来の不安や心配

その全てが変わったときに、真の改善になるのではないかと思います。

誰かに奪われていた自分の人生を
自分で選び、昨日より今日、今日より明日
1秒でも多く笑顔が増えていただくために
仕事をしています。

対応可能な症状例

肩こり・首こり・その他こり感・腰痛・坐骨神経痛・膝痛・肩の痛み・その他の痛みや痺れ
自律神経症状・不眠・食欲の問題・便秘・しつこい疲れ・冷えやほてり・その他不定愁訴
生理痛・更年期障害・不妊症・産前産後症状・産前産後メンテナンス・その他女性疾患
花粉症・アトピー・喘息・その他アレルギー症状
ストレス・不安・過去のトラウマ・パニック障害・恐怖症・その他精神領域
疾患や術後の後遺症
など

基本的に後天的に生じた症状は明らかな気質的変性を除いて全て対応します。