2022.07.22

痛みは自分に嘘をついている証拠です②

痛みは自分に嘘をついている証拠です②

こんにちは

前回の続きです。

改めて、痛みは危険信号です。
ガソリンが少なくなったから、給油のマークのところが光ります。
その光をテープで隠してしまったら、数十キロ先で車は動かなくなります。

痛みがあってできない事があるから、痛みを和らげたい、痛みを無くしたい
そう思う気持ちは、私も人間ですから、よくわかります。

しかし、いつものセリフ
身体は何かをあなたに訴えています
無視したら車は動かなくなります。

あなたの数十キロ先はどこでしょうか?
目先の煩わしさに目を瞑ってしまうと、後で悩むことは大きく、多くなってしまいます。

また、痛みは「やめてね」「動かさないでね」という危険信号の先に
「治るため」
という意味もあります。

特に、炎症はわかりやすいと思います。
炎症は治癒過程に必要不可欠な反応です。
炎症を抑えると、治癒が進まない事や、組織の変性を起こすことも研究でわかっています。
なので、以前は炎症の基本は冷やす事(RICE処置の一つ)だったのですが、今はそれが否定されつつあります。

痛みを出すことで安静にさせます。
そうしなければ、痛みの原因部位への負荷が変わりません。
食生活や思考習慣によるストレスが、臓器を疲労させて固くなります。
その連鎖で肩や腰の痛みが出ているとしたらどうなるでしょうか?

その安静にしてほしいという信号を無視するために、ほぐしたり、クスリを飲んだり貼ったりしたら、その臓器はどうなるでしょうか?
「痛みは必要だから出てくる」
近年では、現代医学的に便利になりすぎて、身体本来の機能を無下にしすぎているように感じます。

風邪も痛みも、しびれも病気も身体が必要だから出してくれています。
それなのに、それらを悪として捉え、出ているものはひっこめればいい、消してしまえばいいとしていては、根本的な解決は何もされないと思います。

その痛みは、その病気はあなたのために、あなたの身体が作ってくれたものです。
もっと自分に優しくしてあげてください。
無理してるよと言ってくれているかもしれません。

それは肉体的なのか、心理的なのか

自分に嘘をつかずに、大切にしてあげてください。

ありがとうございました。

新着記事

詳細
自然体の施術の目的
2023.10.24
自然体の施術の目的
詳細
東京での施術について
2023.09.28
東京での施術について
詳細
脳疲労について
2023.08.10
脳疲労について
詳細
人間は忘れるようにできている
2023.07.31
人間は忘れるようにできている

人気記事

詳細
自然体の施術の目的
2023.10.24
自然体の施術の目的
詳細
東京での施術について
2023.09.28
東京での施術について
詳細
【重要】価格改定のお知らせ
2023.04.09
【重要】価格改定のお知らせ
詳細
100億円あったら何をしようか
2023.03.28
100億円あったら何をしようか

フリーワード

キーワード