2022.08.09

風邪こそ最良の整体法③ 実践編

風邪こそ最良の整体法③ 実践編

こんにちは
今回は、ちゃんと風邪を引いてあげようという話を書いていきます。

まず、風邪を引かない事こそ健康だと思っている方は、そこから考え直した方が良いのでは?と考えます。
前々回で書きました。風邪を引かなくても大丈夫な人は、日本人の1割ほど(超個人的見解)なんです。

3つに分けると
風邪を引かない人
風邪を引ける人
風邪を引けない人
に分けられます。

風邪を引かない人は、引かずとも免疫反応を出せる人です。
風邪を引ける人は、正常です。
風邪を引けない人は、もう免疫がウィルスを見ても素通りしています…

コロナの話はあまりここでは触れたくないのですが、ワクチンにより免疫の減退と暴走が起こりますので、風邪を引けなくなる方は多くなっていると思っています…

さて、では風邪を引けたらどう過ごすかを書いていきます。

・休む
・水分を摂る
・食べない、食べるなら消化に良い物と食べたいもの
・ビタミンCを過剰摂取する
・塩を摂る、舐める
・熱を出す、出なければ外から
・熱の出すぎに注意

・休む
これは前回の話で分かると思います。
あれやらなきゃ、周りに迷惑が
なんていうつまらない事は忘れましょう。
あなたの身体が一番大切です。

・水分を摂る
熱を出すことで汗が出ますし、下痢をする事で水分が出ていきます。
なので、脱水になってしまうため、水分はたくさん摂ったほうがいいです。
スポーツドリンクなどは糖ですから、前回の話でお分かりかと思います。好きなら、飲みたいならそれはそれかと思います。
また、風邪を引いているときは肝臓も良く働いています。
肝臓の解毒には水が必要になりますので、重ねて水を飲みたいです。

・食べない、食べるなら消化に良い物と食べたいもの
これも前回の話から、無理に食べないほうがいいです。
ただ、お腹が空くのに我慢は必要ありません。
消化に良い物を摂るのが良いです。
ここでは、あまり糖を気にしなくてもいいのではないかと思います。
また、果糖は別経路となりますので、フルーツはとてもいいと思います。
ビタミン、水分、果糖、消化に良い
という点からです。

これが食べたい!
というときには糖も添加物もクソもありません。
美味しく食べられるものが最高です。

・ビタミンCを過剰摂取する
まず、免疫反応にビタミンCが必要になります。
また、高熱による酸化にも効果があります。
また、できれば下痢をしたいのでビタミンCフラッシュを使います。
(便秘の記事参照)
過剰摂取は大げさに書きましたが、普段の2~3倍は欲しいところです。
gで言えば20gが基準になるかなと思います。

・塩を摂る、舐める
これは、水分を吸収するための浸透圧の関係と、微量ミネラルを摂取したいからです。
サプリほどのミネラルを摂ると、ウィルスを応援してしまう鉄もありますので、塩が良いです。

・熱を出す、出なければ外から
熱の重要性は前回でご理解いただけたかと思います。
しかし、免疫の訓練ができていないがために、熱を出せない方もいらっしゃいます。
そういったときには
毛布・服・暖房
などを使って外から熱を出させてあげたいです。

・熱の出すぎに注意
熱を出すのはもちろん大切ですが、出すぎたら出すぎたで困ります。
稀な話ですが、42℃からタンパク質が変性します。
命の危機があるという事です。
こういったときには、解熱剤が必要になりますので、科学の力を借りたいです。
基準は40℃以上かなと個人的には思っています。

という事で、この夏や次の冬、また次の風邪の時に
こちらを思い出していただけたら幸いです。

風邪の話はまだ続きます。
簡単な免疫の話、なぜ風邪を勧めるのか、ウィルスと身体の話
を続きで書いていきます。

ありがとうございました。

新着記事

詳細
自然体の施術の目的
2023.10.24
自然体の施術の目的
詳細
東京での施術について
2023.09.28
東京での施術について
詳細
脳疲労について
2023.08.10
脳疲労について
詳細
人間は忘れるようにできている
2023.07.31
人間は忘れるようにできている

人気記事

詳細
東京での施術について
2023.09.28
東京での施術について
詳細
自然体の施術の目的
2023.10.24
自然体の施術の目的
詳細
はじめまして! 富士吉田市 整体院 自然体
2017.02.09
はじめまして! 富士吉田市 整体院 自然体
詳細
筋肉と内臓の関係 富士吉田市 整体 自然体
2019.03.04
筋肉と内臓の関係 富士吉田市 整体 自然体

フリーワード

キーワード